ミノキシジルの効果と知っておきたい副作用

ミノキシジルが発毛を促進させるメカニズム

ミノキシジルが発毛を促進させるメカニズム : ミノキシジルには外用薬と内服薬があります : 副作用のリスク

ミノキシジル」はAGA治療でも使用される、発毛効果のある医薬品です。
薄毛を気にしていなくても、一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。
ミノキシジルが発毛を促進させるメカニズムはこうです。
毛細血管を拡張させ、血行を良くします。
血流によって毛母細胞に栄養が運ばれ、髪が育ちます。
頭髪は毛穴から生え、成長し、ある程度の長さまで伸びると成長を止め、いずれ抜け落ちます。
そしてまた新しい髪が生えてくるわけですが、この一連の周期をヘアサイクル(毛周期)といいます。
髪は何らかの理由でヘアサイクルが乱れると、成長するスピードが落ち、細く弱い髪にしか育つことができなくなってしまいます。
あるいは、本来成長期である期間にもかかわらず成長することを途中でやめてしまいます。
ミノキシジルはこういった弱くなってしまった髪や成長をやめてしまった髪に血液とともに栄養を送ることで、成長を促す働きがあるのです。
しかし、「血行が良くなれば髪が生える」という理論はさすがに単純すぎないでしょうか。
実はこれまで、血管拡張作用があること以外にははっきりとした発毛のメカニズムはわかっていませんでした。
しかし近年、血行促進作用以外に新たな効果があることがわかってきました。
それが「成長因子」を増やす効果です。