ミノキシジルの効果と知っておきたい副作用

副作用のリスク

ミノキシジル | AGA治療薬と専門クリニック情報

先に述べたように、血管を拡張させ血圧を下げる作用があるため、「めまい」や「ふらつき」、「動悸」「血圧低下」といった副作用があるほか、心臓に過度な負担を与える可能性があります。
また、全身に影響が出るために体毛が濃くなるという現象も起こります。
こういった観点から、外用薬を使用するほうが安全といえます。
そもそも、日本では外用薬しか製造、販売されていません。
厚生労働省の認可を受けているのは「外用薬のみ」なのです。
内服薬(タブレット)を個人輸入などで入手することは可能ですが、使用にあたってはすべて自己責任です。
また、AGA治療を行うクリニックで処方されることもあるようですが、使用する際には「発毛剤」としての認可は下りていないということを認識しておく必要があります。
塗り薬であれば薬局で購入できますし、頭皮にしか使用しないので体毛が濃くなるという副作用は起こりません。
ただし、医薬品である以上副作用が全くないわけではありません。
よく見られるのは「かぶれ」や「かゆみ」「発疹」などの症状です。
これらの症状が出た場合は、すぐに使用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。
皮膚症状以外にも「むくみ」や「頭痛」などの副作用があるとされています。
しかし、外用薬でこのような症状があらわれる可能性は極めて低いと考えられます。
ただ、心臓に持病があるなどの場合には、使用前に医師に相談することをおすすめします。

ミノキシジルが発毛を促進させるメカニズム : ミノキシジルには外用薬と内服薬があります : 副作用のリスク